笑顔の女性
  • ホーム
  • 肌に使用する際のハイドロキノンの濃度

肌に使用する際のハイドロキノンの濃度

リラックスしている女性

ハイドロキノンといえば、美白にすこぶる効果がある成分として広く知られています。
肌の漂白剤とも呼ばれています。
ハイドロキノンの作用は、しみの原因となるメラニン色素を作り出す細胞の働きを阻害し、メラニンが創生されることにストップをかける、というものです。
使われ方としては、すでにできているしみを治すために用いられることが多く、しみや色素沈着だけではなくて、薬でニキビ跡改善とか皺のケアにも力を発揮しています。
ハイドロキノンの美白効果を活用して、美容医療の現場や化粧品の成分としても利用されています。
ものによって、配合されているハイドロキノンの濃度は違っています。
市販されている化粧品は、1%~4%程度の濃度となっています。
日本では、4%以下の配合量であれば、化粧品として使用することが可能であると、法律で定められています。
4%以下であれば、副作用の危険性はほぼありませんので、肌の弱い人でも安心して使用できます。
反面、即効性は下がってくるのは避けられません。
濃度が4%を超えてきますと、ハイドロキノンの副作用に要注意です。
4%のラインから一般的には、医師の処方が必要です。濃度が高い分、効果のほうもしっかりと実感できるレベルです。
美容外科や皮膚科で、黒ずんでいる乳首の色を薄くしいたいと望んでいる人には、4%の濃度のハイドロキノンが処方されることが多いです。
美白効果が高いのですが、中には、肌が刺激を感じることがあります。
もし、個人で通販購入する場合は、自分の肌に合うかどうかを、パッチテストを行なってから使用することを忘れてはなりません。
濃度が5%を超えますと、漂白作用が際立って強くなります。
それだけに、使用方法を誤ると、白斑や色素沈着などの重大な副作用が出てくる恐れもあります。
ハイドロキノンを含んだ化粧品は、症状に合った濃度のものを使うのが基本です。

関連記事