笑顔の女性
  • ホーム
  • ケノン脱毛に日焼けは駄目、ハイドロキノンで取り除く

ケノン脱毛に日焼けは駄目、ハイドロキノンで取り除く

人気の高い家庭用脱毛器のひとつにケノンがあります。
家庭用脱毛器としては照射面積が広く、一度に広範囲の脱毛ができるとして評価されています。
また小型軽量で持ち運びに便利なこと、使用時の音が静かなこと、ランニングコストが低いこともセールスポイントになっています。
ケノンはいわゆるフラッシュ脱毛器で、肌に強力な光を照射します。
照射された光は毛根の黒い色素に反応して、熱エネルギーに変換されます。
この熱で毛根にダメージを与え、ムダ毛の再生を防止するという仕組みです。
医療用レーザー脱毛は、日焼けした肌には使用できないのが普通です。
日焼けした肌には黒いメラニン色素が多く、この部分にレーザーが反応してしまい、毛根だけにダメージを与えることができないからです。
フラッシュ脱毛も原理的には同じなので、日焼け肌への使用は勧められません。
ケノンは出力を調節できるため、弱い光を照射すれば使えないことはありませんが、脱毛効果は薄くなるでしょう。
効果的に脱毛したいなら、日焼けが治まってから使用することが大切です。
皮膚の下のメラニン色素は、ハイドロキノンで取り除くことができます。
ハイドロキノンはメラニン色素を作る細胞に働きかけ、シミや黒ずみを改善する美白剤です。
以前は医療機関でしか処方できない薬でしたが、現在では化粧品にも配合されるようになりました。
ただし強力な美白効果を発揮する反面、肌に合わない人には刺激も強いため、かぶれや炎症には注意してください。
またメラニン色素は紫外線から肌を守るという効用もあります。
ハイドロキノンで肌を白くすると、紫外線の悪影響を受けやすくなるため、日焼け止めには万全の対策を講じる必要があります。

関連記事